1. TOP
  2. Collection コレクション:WHITE

Collection コレクション

白いウエディングドレスを広めたのは誰か?

あの有名な19世紀・イギリスのヴィクトリア女王でした。

当時の上流階級のウエディングドレスは色が濃く、金糸や銀糸などの装飾が多く使われ、ゴージャスなものが多かったにもかかわらず、彼女は「純潔」をあらわすために、乳白色のシルクサテンで作ったドレスを着用しました。

その後、彼女達の結婚式の話題は広まり、ヴィクトリア女王の白のウエディングドレスとベールは正統の花嫁衣裳のシンボルとして注目を集めました。そして、ロイヤルウエディングの華やかな装いとして憧れの的となり、一般の間にも広がっていったようです。

初々しく可憐な花嫁が、人生でたった一度のセレモニーの中で身を包む一着のドレス。
愛に満ちた幸せな未来への願いを込めてご用意しております。

Collectionページへ
トップへ戻る