1. TOP
  2. Collection コレクション:白無垢・色打掛・本振袖

白無垢・色打掛・本振袖

白無垢のルーツは室町時代、打掛は江戸時代の武家の花嫁衣装

武家社会の流れを汲む婚礼のための正礼装。当時、潔白・清浄とされていた白一色で表裏全てが作られている『白無垢』。

江戸時代の武家女性が礼装に小袖の上からさらに大きめの小袖を打ちかけて着るとされたのが現代も『打掛』として伝わっています。

裾模様の『振袖』は明治時代の花嫁衣裳として、政府が正装と定めた黒色を纏って・・・。時代が紡ぐ日本の花嫁衣裳の数々。

奥ゆかしくも凛とした表情を際立たせる、伝統な和の装い。古来のデザインから現在の香りをちりばめたものまで、豊富に取り揃えました。

Collectionページへ
トップへ戻る